作品No.3030
僕の空想上のSchool (50年後)
僕の空想上のSchool (50年後)
吉田 修志
東京都
【注目してみてほしいところ】
・コマンドを多用した教室移動用ワープゲート。 ・自慢ではないですがフラットではなく、整地から始めました。 ・学校の前の道路も工夫して作りました。
【「未来の学校」のMinecraft上での表現方法】
・ワープゲートを使った廊下の要らない学校。 ・少しレトロを取り入れた懐かしくなる学校。 ・英語を頻繁に取り入れた国際的な学校。
【「未来の学校」をつくる上でどんなことを調べたか】
・英語の勉強をしました。 ・少し自分の通っている学校の構造を調べました。。
【プログラミング、レッドストーン回路を使用する上での苦労、工夫した点】
・テレポートコマンドを頻繁に使用しました。 ・明かりにレッドストーンランプを使いました
【どのような計画をたて、どのように制作したか】
・まず最初に整地と作る範囲を決め、壁を作りました。 ・次に食堂、クラス、保健室、校長室、アリーナの順で1階をつくりました。 ・そのあと2階を作り、図書館、コンピュータールーム、実験室、トイレ ・校門前の装飾はトイレを作った後に作りました。