作品No.3076
10年後の自由に生活できる学校
10年後の自由に生活できる学校
梅雨うどん
埼玉県
【注目してみてほしいところ】
生徒たちが自由に使える場所が多いところ
【「未来の学校」のMinecraft上での表現方法】
生徒1人1人がパソコンを使用、生徒の数が少なく、指導しやすい学校にしている。
【「未来の学校」をつくる上でどんなことを調べたか】
子供の数の減少
【プログラミング、レッドストーン回路を使用する上での苦労、工夫した点】
ブロックを大量に置くが、細かいところがあるので、常に気を付けなければいけなかった。
【どのような計画をたて、どのように制作したか】
箱を作ってそこに色々な物を作った