作品No.0362
No.0362「田舎と都会のサンドシティ
〜私たちが住みたい理想のまち〜」Ultimate Nitobe AS
田舎と都会のサンドシティ 〜私たちが住みたい理想のまち〜
Ultimate Nitobe AS
参加者:10名
東京ブロック
【作品の中で最も注目してみてほしいところ】
もっとも注目してみてほしいところは、田舎と都会が一駅ごとにサンドされているところです。 苦労した点は形を考えてビル作る時にガラス張りにするのが大変でした。みんなの意見を聞いてそれを全部合わせて形にするのが難しかったです。
【「作品テーマ」をワールド上でどのように表現したか】
SDGsの7番目のゴールを取り入れて田舎のホテルの屋上にソーラーパネルを作りました。田舎の建物は木や石で作って、自然のものを使いました。SDGsの3番目のゴールを取り入れて、田舎の広い場所に運動するアスレチック場を作りました。
【どのようなことを調べたか】
SDGsがどんな目標なのか、図書館に行って調べました。隣にあるブロックの材質に合うものを、本を使って調べました。田舎と都会のゾーンを区切るためにどんなコマンドが使えるか調べました。自然を利用した環境に良いものを作るため水流エレベーターの作り方を調べました。
【プログラミングなどを、どのように使ったか】
ソーラーパネルや電車などにレッドストーン回路を使いました。田舎と都会をつなぐトロッコ(電車)をレッドストーンブロックとレットストーンたいまつを使って作りました。自動ドアを作るときが難しかったです。
【どのような計画をたてて制作をすすめたか】
ホテルをどこに建てるか、どのような家を作るか、一人ひとり設計図を書いて考えました。みんなで意見を話し合って田舎と都会のチームに分かれて制作をしました。