works 応募作品

作品No. 528
南関東ブロック ジュニア部門
作品名 ブリッジハウス
チーム名 kaholab
チームの特徴

親子で取り組みました

チームメンバー

1

作品の中で注目して
みてほしいところ

作品の中で注目してみてほしいところ

かわのうえにつくった、ブリッジハウスです。やねのうえにはみどりをうえました。
たいようのひかりがなかに入るようにガラスのやねにしました。
とおるだけのはしではなく、ひとがあつまったり、どうぶつとふれあったりできるはしにしました。
かわのちかくまでいけるようにもしました。
いろんなひと、どうぶつ・さかながあつまってもよいように、カラフルな、はたをはしのなかにかけました。
レストランをはしのうえにつくることで、いきものとのつながりをかんじれるようにしました。

「作品テーマ」をワールド上で
どのように表現したか

「作品テーマ」をワールド上でどのように表現したか

ちきゅうをまもるために、にんげん、どうぶつ、さかなたちがあつまることができるワールドをつくりました。
あつまることでSDGsをみんなでかんがえるきっかけになったらよいなとおもいさくせいしました。
またいろんなひとがたのしくなるように、さまざまなカラーをはしにつかいました。
うみやかわのゆたかさをまもるために、あえてちかくにいけるようなはしをひょうげんしました。
りくのゆたかさをまもるためにワールドのちけいをなるべくこわさないようにはしをつくりました。

どのようなことを調べたか

どのようなことを調べたか

いろんなすうじをしらべました。
たとえば、SDGs14ばんには「800マントン」はプラスチックがうみにながれています。「33パーセント」はさかながとられすぎているすうじです。「2050年」はプラスチックのりょうが海のりょうよりおおくなるすうじです。
SDGs15ばんには「40000しゅ」はせいぶつがぜつめつしているすうじです。「1300ヘクタール」はしんりんがうしなわれているすうじです。
いろんなたんいがでてきました。
にほんのきゅうしゅうとほっかいどうがなくなるたんいと聞いて、おどろきました。

プログラミングなどを、
どのように使ったか

プログラミングなどを、どのように使ったか

プログラミングはつかいませんでした。むずかしかったです。
らいねんはエージェントをつかってプログラミングができるようにべんきょうします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どのような計画をたてて
制作をすすめたか

どのような計画をたてて制作をすすめたか

4つにわけて、けいかくをたててせいさくしました。
1、おやこでSDGsのことを調べる
ここは、「どのようなことをしらべたか」にかいています。
2、アイデアをかんがえる
おやこでいろんなたてもののずかんやホームページをしらべてアイデアをかんがえました。
3、アイデアのメインをつくる
はしをどんなかたちにするか、スケッチしました。そしてマインクラフトのワールドでさくせいしました。
4、メインがつたわるようにかざりをつける
メインだけだと、ワクワクしなかったのでいろんないろをつかって、ワクワクできるはしになるようにかざりつけしました

THUMBNAIL
サムネイル
MAP
マップ
MAKE CODE
MAKE CODE