for teacher 教育版マインクラフトの
ライセンスについて

大会事務局からの
ライセンス貸与

本年度より、一部の例外を除き、教育版マインクラフトの無条件での無償貸与はいたしません。
2021年から教育版マインクラフトの学校外での利用も可能になったため、以下の方法でライセンスを入手してください。
※大会事務局から貸与している教育版マインクラフトのライセンスの利用期限は、本大会終了の2023年3月末までとなります。
※今年の作品応募まで届かなかった人は、是非来年度のチャレンジに向けて、プログラミングやMakecodeなども調べて実践してみてください。

①学校経由でご利用の場合

「Microsoft 365 Education A3/A5」のライセンスには、既定で「教育版マインクラフト」を利用できるライセンスが付与されています。上記以外は付与されておりませんので、ライセンスを購入する必要がございます。

「教育版マインクラフト」のライセンスは、パートナー販売業者からライセンス供与契約 (EES契約、もしくはCSP契約) か、もしくは教育向けMicrosoftストアから直接購入いただけます。

「教育版マインクラフト」および、教育機関向けの「Office 365 Education」(「Microsoft 365 Education」のライセンスには、すべて「Office 365 Education」のライセンスが含まれております)の2つのライセンス所有の有無については、公立学校の場合は所属の教育委員会、私立または国立学校の場合は学校組織内でご確認ください。

②学校以外の団体や、
個人でご利用の場合

2021年6月より、学校以外の塾やコンピューター教室でもライセンスを利用できるようになりました。既に「Microsoft 365」の組織アカウントをお持ちの場合は、こちらを購入するだけで「教育版マインクラフト」が利用可能になります。

条件貸与

以下の条件で申請をいただいた場合に限り、アカウントを提供させていただく予定です。提供数に限りがありますので、あらかじめご了承ください。

1. 学校の場合
Office365のプランでMinecraftが利用できない、もしくは特定の理由により今年度利用できない
※申請が多い場合、確認させていただく場合がございます。
2. 特別支援の場合
子どもの居場所づくりを支援している中間団体での活動で利用する。
3. 個人の場合
保護者に大会についてしっかりと説明し、がんばって説得したが理解を得られない。教育版マインクラフトは有償で、大会から貸与するライセンスには上限があること、次年度は今年度よりも新規の方が優先となることをしっかりと伝えた上で、それでも難しい。 ※上記の内容に虚偽があった場合、大会応募は取り消しとなります。ライセンスには上限があります。次年度においても同様の対応を想定しており、今年度よりも新規の方を優先とさせていただきます。