works 応募作品

作品No. 906
南関東ブロック ミドル部門
作品名 自然を楽しく守る町
チーム名 もりりゅう
チームの特徴

元プロクラ教室からの参加

チームメンバー

1

作品の中で注目して
みてほしいところ

作品の中で注目してみてほしいところ

作品の中で一番注目してみてほしいところは、山と天空にある街です。何故かと言うと、どっちもメイクコードで作ったからです、さらに畑も作りました、そして天空の町から王のいる城へテレポートできます。
王のいる城はバルーンをかけたりしました。
さらには、王の城の中に図書館を作りました。
他には、ザリガニ釣りや、花火ができる場所を作ったり外来種のレストランがあったりとゆったりと自然を楽しく守れる街にしています。
さらには、研究所で外来種と絶滅危惧種と分けたりそのまんま外来種レストランに送られたりとかなり近未来です。
さらには、王のいる城は、海に浮いていたりと様々な工夫がされていて、さらには、動物ゾーンと人間ゾーンに分けるロボットがいたりと、そこにいると落ち着く場所も作りましたゆったりとくつろげて楽しい街にしました。

「作品テーマ」をワールド上で
どのように表現したか

「作品テーマ」をワールド上でどのように表現したか

今回の作品テーマである「」を、ワールド上で楽しく守れる街にしました。
例えば外来種レストランで外来種を美味しく食べたり研究所から外来種のところを水族館のように見たりとかなりのゆったり空間があります
さらには、山を作ったりとものすごい工夫で楽しくゆったりと過ごして環境にやさしい街にしていくという発想で作りました、
そしてボランティア活動の場所も作りました、そして天空の町と山をメイクコードで作りました。
特に山を作るメイクコードが、何回も失敗しましたが何とか作れましたいざとなってそこにいるとちゃんと生きてられるようになっていますそんな楽しく環境も守れる街でした。

どのようなことを調べたか

どのようなことを調べたか

外来種の割合を調べました。調べて分かったことは、絶滅危惧種が、620匹いたとわかりましたそして絶滅した生物もいました
それのほとんどが人間や外来種によって滅ぼされていたのでした。
ものすごく絶滅寸前の生物がいたとわかりましたそして自分が考えたのは、外来種のレストランを作れば美味しく外来種を駆除できるなと思いましたなのでこの町は、おいしく外来種を駆除できるなっと思っていますみんなでおいしくいっぱい食べれば外来種も楽しくうれしくおいしく食べれることもわかりました、外来種も実際魚なのでうまいと思います。

プログラミングなどを、
どのように使ったか

プログラミングなどを、どのように使ったか

この作品では使ったプログラムは3つあります。
MakeCode:山を作るために、変数や繰り返し、計算、論理、を使いました。
レッドストーン回路:倉庫の隠しドアから水流エレベーターにいけるようにをするために、リピーター、レットストーン、ピストン、レットストーントーチ、を使いました。                                                                                  

どのような計画をたてて
制作をすすめたか

どのような計画をたてて制作をすすめたか

お父さんといっしょに、楽しく自然を守るには、どのようなことが大切かという計画をたてて、制作をすすめました。一番大変だったのは、メイクコードをどこで使うかです。
メイクコードといっても色々ありますし、どうお題にそってメイクコードを使えるかが大変でした。
かつ、コマンドもどんなところで使うかも大変でした。
コマンドで思いつくのは、/executeや/tpら辺でした。
なのでそこら辺をうまく使って作りました。
難しかったです。
なのでがんばりました。
そしてどんなギミックを作るかで、倉庫の隠しドアを思いつきました。

THUMBNAIL
サムネイル
MAP
マップ
MAKE CODE
MAKE CODE